新ピフォニー軟膏の特徴|皮膚のかゆみ・炎症に|製品紹介|健康をテーマとして"楽しい生活"を創ります|ノーエチ薬品株式会社

お電話:072-331-0417(代)
  • ホーム
  • 製品紹介
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 廣昌堂
  • 皮膚のかゆみ・炎症に

    新ピフォニー軟膏の特徴

     

    肝油由来のビタミンA油を配合した新発想のノンステロイド外用薬です

    新ピフォニー軟膏の写真-02 新ピフォニー軟膏の配合成分であるビタミンA油には荒れた皮膚の角質層を回復、保護する役割があります。
    かゆみ止め成分のクロルフェニラミンマレイン酸塩と、抗炎症成分のグリチルレチン酸も配合。かゆみを伴う皮膚炎に優れた効果を発揮します。
    ステロイド成分を配合しておりませんので、小さなお子さんから使用出来ます。
    新ピフォニー軟膏の写真-03

    バリア機能が低下した皮膚とビタミンA油

    新ピフォニー軟膏の写真-04 ビタミンAは水には溶けず、油に溶ける性質があります。本製品のビタミンA油は魚の肝油由来の油に溶かし精製しています。
    外界と接する皮膚は皮脂と皮脂膜で覆われており、角質層の水分を保っています。潤った健常な皮膚は外部からのアレルギー物質や細菌の侵入を防ぐバリアの働きをしています。
    角質層や皮脂膜が荒れてくると、バリア機能が低下して抵抗力が落ちてしまいます。アレルギー物質なども侵入しやすくなり、湿疹、かゆみ、かぶれ、炎症などの皮膚の症状が起こりやすくなると考えられています。
    ビタミンA油には角質層や皮脂膜の新陳代謝を促し、皮膚が潤う機能を維持する役割があります。

    お取り扱い店舗について、製品内容・使用方法についてのお問い合わせ
    電話072-331-0417お客様相談室まで
    受付時間9:00~17:00(土・日・祝日を除く)